【痛風患者必見情報】尿酸値は食事で下げることができる

man

食生活改善で予防

DHAやEPAサプリの比較をすることで、それぞれの違いを把握することができます。特徴を知っておけば上手に選ぶことができますよ。

目の奥の痛みが悩ましい。眼精疲労の解消は、栄養豊富なサプリメントで緩和できますよ。気になる方法をたっぷりと紹介しています!

何を減らし何を増やすのか

痛風を予防したり、改善するには尿酸を減らす努力が必要です。その為には、まず食事を変える必要があります。プリン体を多く含む食品は食事から減らさなければいけません。まず減らすべき食品類は、ビールを中心としたアルコール類全般です。痛風の方に酒好きが多いのは有名な話しです。また酒のおつまみに好かれそうなアン肝や白子、レバーなどの内臓類は特に多くのプリン体を含んでいます。その他には肉類、魚類に多く含まれます。次に尿酸値を下げる事を考えます。尿がアルカリ性になれば尿酸は溶けやすくなり、より多くの尿酸が尿と共に体外に排出され尿酸値が下がります。食事にわかめやひじきなど海藻類、ほうれん草、にんじん、キャベツなどの野菜を頻繁に摂るように心掛けましょう。

日常で注意する事

食事内容に関しては上記内容を守りながら、腹八分でやめる習慣をつけましょう。肥満になると尿酸は増える傾向にあります。また日常の暮らしの中でも痛風の予防に役立つ事はあります。肥満を避けるために適度な運動も大切です。しかしここで注意が必要なのは急激な運動、激しい運動はいけません。かえってプリン体を増やす可能性がありますのであくまでも適度な運動です。2〜30分程度のウォーキング程度でも十分です。それと水を沢山飲む事も痛風の治療、予防に役立ちます。水分は摂れば摂るほど尿の量が増えますので、同時に尿酸を排出してくれます。日々2リットル前後水を飲む事が推奨されています。また過度のストレスもプリン体を増やす事がわかっています。リラックスできる環境に自分を置くことも大切です。食事や生活改善で痛風にならない健康的な身体を目指しましょう。

ホルモンのバランスを整えてくれるということでエクオールのサプリメントが注目されています。エストロゲンの分泌を促進させてくれます。

自分にあったものはどれなのか?更年期は漢方で症状を緩和することができます。こちらのサイトを確認してみてください。

激痛が走る痛風は食事を改善することによって治ります。どのような食生活を送ればよいか紹介しているのがこちらです。

昔は珍しかった病気

アルコールは尿酸の排出作用を低下させるので注意しましょう。痛風の人は、一切アルコールを摂取しないことが望ましいです。現在では、80万人程度の人が痛風であると言われています。患者数は今後も増えていくでしょう。

尿酸値には注意を

健康診断で尿酸値が高いと判明した場合は痛風になる危険性が高くなります。それを避けるにはプリン体の多い食品を避けると共に、出来るだけ食べ過ぎないようにすることが大切です。また、男性に多く見られる痛風ですが食生活の欧米化や生活スタイルの変化によって徐々に女性で発症する人の割合も増えつつあります。

食事療法

痛風の人の食事も少し変わってきました。プリン体を多く含む食品を食べないと言うのではなく、栄養バランスを考えて腹八分目を守ろうと言うのが主流になりつつあります。今後は、これこそが痛風の人の食事の基本として知られるようになるでしょう。また、サプリメントでカバーすると言う考えも必要です。